【投資編】お金の失敗談

スポンサーリンク
お金・投資
スポンサーリンク

投資初心者がどんなことで失敗してるの?

ローリスクでやりたいんだけど、何かいい方法あるかな?

子育て中の人はどんなことやってる?

そんな辺りを投資歴5年になる子育て世代の私(HamagurI(はまぐり))からお伝えしたいと思っています

ただ、投資歴5年と言っても、

本格的に勉強し始めたのは

正直ここ1年くらいでして・・・

投資初心者の方と

一緒に勉強も進めていきたいと思っています!

そして、私が失敗したことも

ある程度分かりつつも

投資に進んでもらえると幸いです

色々と失敗してきた私ですが、

HamagurI
HamagurI

失敗してよかった

と思っています

失敗したことでの学びは

投資にとって本当に大きいと思っています

だからこそ、その際の失敗の注意点も一緒に共有してもらえると嬉しいです

この記事では

  • 【投資編】お金の失敗談・実例
  • 今の子育て中の投資家としてのスタイルは→『貯金』+『つみたてNISA(or iDeCo)』+『α(個別株など)』
  • まとめ

を今回は私の私見中心にお話させてもらいます

そして、主には『子育て世代の皆さんに向けて』のちょっとしたアドバイスとなっております

『お金』については子育て中かどうか?共働きか?独身かどうか?今後結婚を考えているか?

などなど、それぞれで取れるリスクが変わってくると思います

さらに、本人の性格

そのため、今回は主に子育て世代の皆さんに同じ立場として記事を書かせていただきました

ただ、それ以外の方にも参考になることもあると

おもいますので、是非見ていって頂ければ嬉しいです!

スポンサーリンク

【投資編】お金の失敗談・実例

投資信託を全てやめて個別株に手を出したこと

私の投資は投資信託からスタートしました

始めて数ヶ月で元本割れ(払った金額よりも損している状態)してしまい

1〜2年程度やっても数千円の値上がりといった感じでした

HamagurI
HamagurI

これじゃあ、貯金してるのとそんな変わらないし、

損するリスクが有るだけじゃないか!

と思って全てを止めて、

そのお金で個別株に手を出し始めたのです

ちゃんと勉強して取り組めば

良いものを何となく株価が上がってきているから買う!

みたいな感じでやって

最初の個別株1年目はビギナーズラックというものか

20万元手で6万くらい儲かりました

HamagurI
HamagurI

俺、結構才能あるかも!

思いましたが、

その後はどんどん株価は下がっていき

損するとその株を売れないんです

またそのうち上がってくるんじゃないか

と思っていると

またさらに下がってしまい

数年立つ株も

株価が上がってきたと思って

買えばすぐに下がっていき、

もうだめだ!これ以上損できないと思って売れば、

すぐに株価が上がるという・・・

HamagurI
HamagurI

逆に俺、天才?・・・

みたいな状態でした

それで一時期に15万以上のマイナスに・・・

色々と勉強したり、

決算書を読めるように

簿記の資格とってみたり(正直、非効率な感じもしますが・・・)して、

現状はなんとか個別株投資で

プラスに戻ってきました

結局、投資信託を続けていたらそれ以上の利益が出ていたのです・・・

ショック・・・

この学びから

「一般NISA」をやめて、『つみたてNISA』に変更すること

を決めました

今の私の『お金』に対する向き合い方

  • 貯金』で万が一、仕事が出来なくなっても当面なんとかなるように半年分の給料は確保
  • つみたてNISA』で老後教育費(子供が大学に入る頃の)に向けて始めていく
  • 個別株・投資信託・ETFなど』は余剰資金で行う

とこんな感じでお金を分けて付き合っていますです

でも、

個別株が悪いとか危険だから絶対止めてね!とかそういうつもりはありません

ただ、子育て中で給料も高くない状況で

十数万円を失うことは

精神的なダメージが大きいことが分かりました

そのため、

一定額は比較的リスクの低く

長期投資に向いている投資信託を買い続けながら

余剰資金で個別株やETFなどをやっていきます

個別株などはやはり上がり幅は大きいので

ある程度のリスクを取ってでも

学んでいく必要はあると思っています

個別株は個別株でやらないと学べません

正しく、自分のリスクの範囲内の金額で進めていく!のが大切だと思っています

あと、性格に大きく影響しますが

正直、個別株などはやってて楽しいです

子育て中投資家としてのスタイルは

これから子育てする投資初心者の私なら

貯金』+『つみたてNISA(or iDeCo』をして余剰資金でαとして『個別株など

をしていきます

さらに余剰資金で可能な範囲で

「個別株やリスクがある程度高い投資信託・ETF」

などをしてみる

子供の教育費は失敗したくないですよね?

なので、『つみたてNISA』は投資になるので

絶対に増えるというものではありません。その点をご理解を!

つみたてNISAとは

年間40万円まで投資信託20年間非課税にしますよ(通常は利益に対して約20%の税金がかかります)

例えば、40万円で買った投資信託が20年後に80万円になった場合

通常は利益の40万円×約20%=約8万円が

税金として取られますが

それを『0』にしてくれる制度です

子育て中の私が投資を始めた理由】でもう少し詳しく書いていますので知りたい方はどうぞ

ただ、長期投資において

ちゃんとした所に投資しておけば増える可能性はあります

だから、

『貯金』で一定額は確実に貯めて置きながら

一部は「つみたてNISA」などで増やしていこう!

と思っています

その上でさらに利益を目的として

個別株や投資信託・ETF(株の詰め合わせパック的な物)を考えています

もし、教育費目的ではなく

自身の老後のためであれば

iDeCo(確定拠出年金)をオススメです

すごーく簡単に言うと

iDeCo(確定拠出年金)

老後に備えてiDeCoの制度で投資するなら全額所得控除するよ!

っていう制度です

つまり、払った額の大凡3割くらい(所得税率20%+住民税率10%)は会社員の人なら年末調整で

フリーランスの方なら確定申告すれば税金が戻ってきて、

さらに運用で利益が出ると税金で20%位かかるけどその税金も取らないよっていう制度です

ただし、仮に途中で止めたくなっても60歳までは引き出せません(そこはご注意を)

めちゃめちゃお得です!

ただ、60歳まで引き出せないため

子供の教育費等に当てることはできず、

あくまで自身の老後のために

節税もしながら投資をする制度ですね

だったら、

学資保険はどう?

っていう意見もありますよね

実は私も第一子が産まれてすぐに学資保険を組んでいるのです・・・

ただ、今の私なら

HamagurI
HamagurI

学資保険は選ばないかなー

デメリットとしては感じているのは

  • 支払い時期に決まりがある
  • 途中で辞めると払った額よりも明らかに目減りする
  • 投資(インデックス投資)した時の平均リターンの方が高い場合が多い
  • 途中で亡くなった時は満額出来るように保証をつけると支払った額よりも減ってしまう

なのでそこは『貯金』と『積み立て投資』併用で良いという結論になりました

大学の学費がかかる時期に

絶対に手を付けないために

足枷的な意味合いで

学資保険を利用するならアリかな、と

学資保険は使いづらい上に

保険のほうがある意味リスクが有ると感じています

まだ学資保険始めたばかりなら解約もあり、

でも、我が家では現状で止めることでの解約金の額と私と妻の性格上からから続けることに

ただ、第二子は学資保険加入しませんでした

だからこそ、子育て世代は投資を早くから始めることをおすすめします

投資という目的があると『貯金』もしやすいですよ

子供の教育費目的に特化するなら『貯金』通常の『投資信託orETF』で運用

今の私の投資つみたてNISA』スタートさせて老後への備えもしていく

さらに余剰資金で個別株や投資信託・ETFをしていく感じになります

『つみたてNISA』は20年間の間に出た利益に対して

非課税にしてくれるお得な制度なので、

子供の教育費(特に大学時代に向けての)のためには

『つみたてNISA』のメリットを活かしきれない場合がありそうですね

どちらでも良いと思いますが、

現在は教育資金→『通常の投資信託orETF』老後→『つみたてNISA』としました

因みに私は

今は『一般NISA』から『つみたてNISA』へ移行手続き中で

おそらく来月から

つみたてNISA開始になりそうです

おわりに

今回は私の失敗談を書かせてもらいました。

色々と失敗したことでその都度学んで来ました

決して個別株が悪いと言っているわけではありません

ただし、リスクがしっかりと有ることを

理解して始めてほしいと思っています

やはり、個別株は個別株をしないとわかりません

投資においては個人の性格に合う・合わないが

ありますので

『少額から』色々と挑戦して見てください

ただし、いきなり貯金全てを使う!など

リスクを取りすぎないように

投資は自己責任ですよ!失敗しても誰も責任はとってくれません!

だからこそ、しっかりと一緒に勉強していきましょう!

少しでも今回の話が

  • これから投資を始めようと考えている皆さん
  • 投資を始めたばっかりの皆さん
  • 子育て中の投資家の皆さん

の参考になればと思っています

今回はこの辺で

ありがとうございました!

では、また

コメント

タイトルとURLをコピーしました