つみたてNISA、2021年スタートでミスった…→積立申込は前月12日までに

スポンサーリンク
お金・投資
スポンサーリンク

こんにちは、HamagurI(はまぐり)です

先月の記事で

HamagurI
HamagurI

2021年1月から『つみたてNISA』始めます!

をお伝えしていました・・・

私は2020年12月頭に『一般NISA』→『つみたてNISA』に変更手続きして

2021年1月から年間上限の40万を均等に

毎月33,333円で始めるつもりができませんでした・・・

それは、【『つみたてNISA』を【楽天証券】で始めることにした理由3選+デメリットも】でお話した

楽天証券でつみたてNISAなら楽天カードクレジット決済がオススメ!

とお伝えしました

スポンサーリンク

楽天カードクレジット決済は前月の12日までに申し込みを

楽天カードクレジット決済で積立設定しようとしたところ・・・

前月の12日までに積立設定申し込みが必要でした・・・

皆さんに色々と記事内で

お伝えしていたのにも関わらず

本当にお恥ずかしい限りです・・・

楽天証券で『つみたてNISA』するなら

個人的には

楽天カードクレジット決済』一択です!!!

これについては今までの考えと、現在(2021年1月時点)も変わっていません!

流れとしては

楽天証券:選べる引落し方法】から引用

となります

途中で投資信託を変更する場合

同様となりますので

すでに『つみたてNISA』や『特定口座で投資信託』している方も

知っておいて損は無いかと思います

毎月積立+増額設定で毎月同額で積立可能です

私の場合は2月1日から積立開始となるので

残り11ヶ月間で均等に積み立てることにしました

年間上限の40万÷11ヶ月≒36,363円(総額399,993円)

となります

ただ、33,333円より大きい額を

『つみたてNISA』で毎月の積立額としようとするとできません!

上限の40万を超えてしまうため・・・

その際は

毎月の積立額を33,333円にして

さらに増額設定で対応すれば、

毎月同額の積立が可能となります

私の場合は

増額3,030円で設定すれば

残りの11ヶ月間を毎月36,363円ずつで

上限40万円の『つみたてNISA』を使い切る事ができます

この方法は年の途中でつみたてNISAを始める方は知っておくと

一度、設定すればあとは放置でOKなので便利ですよ

増額設定

積立設定と同じ画面上で出来ますので、ご安心を

毎月の積立額の下に

上限の40万に届かない場合には

すぐ下に【増額】のアイコンがありますので、確認してみてください

おわりに

本当は2021年1月1日からスタートしたかったですが

私のミスで2月1日からのスタートとなりました

つみたてNISAは年の途中からでも

上限の40万円を使い切らなくても

なるべく早く始めたほうがお得な制度になります

20年間の非課税制度は

今年買った投資信託が20年間非課税になるのであって

少額からでも早く始めたほうが総額としては大きく非課税期間を長く利用することができます

これから『つみたてNISA』を始めようかな

と思っていて、

もう少し余裕が出てきたら

年の途中で40万円は使い切れないから来年から

と思っている方は

毎月100円から出来ますので

断然、今年からすることとおすすめしますよ

いつ始めるかは

今でしょ!

ということで

今回はこのへんで

ありがとうございました!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました