育休手当いくらもらえる?いつもらえる?

スポンサーリンク
男性の育休
スポンサーリンク

今回は

育休手当ってよく聞くけど

  • いくらもらえるんだろう?
  • いつからもらえるの?
  • いつまでもらえるの?

いったい、自分はいくら・いつから〜いつまで・ちゃんともらえるのかな?

そんな悩みにお答えしていきます

この記事は男性が育休を取るための不安を解消したいそんなコンセプトで書いております!!!

もちろん、女性の方にも参考になると思いますし、夫に見てもらうことで夫婦での育休生活を進める1つになってくれれば良いなと思っています!

簡単な自己紹介をさせてください

こんにちは、HamagurI(はまぐり)と申します

理学療法士として働きながら、投資をしつつ、ファイナンシャルプランナー2級の資格を持ち、約9ヶ月間の育休を取ったことのある男性の経験からお話ししていきたいと思います

夫婦・子供2人(保育園児)』の家族で《第二子の産前産後に2ヶ月(その後一度職場復帰)・5ヶ月〜1歳になるまで7ヶ月トータル9ヶ月間の育休(有給休暇と併用あり)》を取りました

産前産後は夫婦揃って後半の第二子5ヶ月〜1歳までは妻は仕事に行くこととなり基本は自分だけといった状況でした

参考資料としては【厚生労働省から発表されている令和元年度版】と産休・育休手当の金額計算で【社会保険労務士法人アールワン】さんのサイトを参考にさせてもらいました

また自身の経験・体験談を交えて解説していきます

スポンサーリンク

育休手当(育児休業給付金)の概要は?

育児休業制度の間にもらえる給付金のことで

子供が1歳(最長で2歳)になるまで育児休業が取得可能です

男性・女性で取得できる期間や制度が違っていて

女性は産休(産前6週・産後8週間)がありますし、

男性には産後8週間以内の期間に育休をスタートして終了した場合はもう一度育休が取れます(パパ休暇)。また夫婦で育休を取る方は1歳2ヶ月まで取れる(パパ・ママ育休プラス)。

それと私も別記事で説明しているのでそちらもどうぞ

詳細は厚生労働省から発表されている制度はこちらから(特に男性向け)

『いくら』・『いつから』貰えるか解説!

『いくら・いつまで』?

  • 始めの180日間は育休開始前の給料の67%
  • 育休180日以降は育休開始前の給料の50%

『いつもらえる』?

  • 育休開始前に申請して育休開始後、おおよそ2〜4ヶ月後(職場・自治体等によりばらつきあり)
  • 産休手当については産休開始から5ヶ月後くらい

もう少し詳しく説明していきますね

公務員・会社員の方なら育休開始から180日までは今までの給料の67%180日以降は50%が育休に入ってから2〜4ヶ月後くらいから支給されます

基本は2ヶ月に1回支給されます(ただし、手続きすれば毎月にも変えられるようです)

給料(=「賃金」と考えます)は【育休開始前の180日間の給料÷180】で求めた値になります

これが原則となります 簡単に支給額を計算してみましょう

もし標準報酬月額(税金を取られる前の金額)25万の方を例にすると

育休期間中は16万7,493円/月(2ヶ月ごとに33万4,986円)となります

思ったよりもどうですか?

さらにボーナスなどもらっている方は更に増額となる可能性がありますし、

ちゃんと手続きしておけば、いつも給料から天引きされている育休手当からは所得税や社会保険料(健康保険料・雇用保険料・厚生年金保険料など)は免除されるのです!!!

実質の手取りからすると概ね8割くらいになると言われています

産休手当支給5ヶ月後くらいになる可能性があるので注意しましょう

産休出産予定日の6週間前(多胎児は14週間前)〜産後8週間を指します

私が育休中に払ったものは、育休開始してから数ヶ月後に住民税がコンビニとかで払えるバーコードがついた紙が届いて、それを払ったくらいですかね

でも、この住民税が毎月勝手に給料天引きされているのでそんなに気にしてなかったですが、年間をまとめてくるので(数回に分けて振込用紙がくるので一括で無くて大丈夫ですよ)結構大きな額になり、「うっ、ダメージが・・・」って感じでした

お金がない・・・私たち夫婦は共働きで夫婦一方が数ヶ月無給になることの不安はかなり強いものでした

毎日のように産休・育休手当が振り込まれていないか銀行アプリで残高紹介をしていました・・・ 貯金はある程度しておくと安心します

第二子の時は第一子の経験を生かして、数ヶ月給料が入ってこないことを十分に理解して大きく見積もって半年くらいの生活費を一人分の給料でやりくり出来るように貯金しておこう!と考えておくと安心できました

もちろん夫婦同時でも育休は取得出来ますので、それもシュミレーションしておくと良いですよ。夫婦同時の場合は二人共今まで通りに給料を毎月ではなくなるのでさらに要注意ですよ

手続きは全て職場で完結すると思いますので、職場の担当の方に確認をしてみてください

制度全般については【厚生労働省から発表されている令和元年度版】を参考にしました

社会保険労務士法人アールワンさんが提供してくれているこのサイトは実際に自分がいくら育休手当を貰えるのかわかりやすくて良かったです【こちらからどうぞ(2020年12月掲載)】

詳細に出してくれるので参考にしていただけるとより現実的になるかと思います

まとめ

育休手当は

原則子供が1歳になるまで(最長2歳まで)

始めの180日間(女性は産休終了後から(出産日から8週間経過後)・男性は育休開始時点から)は67%180日以降は50%が支給されます

ただし、税金(住民税は払う義務あり)や年金、社会保険料などは免除されるので今までの給料の手取りの約8割が貰える感覚です

大体2〜4ヶ月後に支給(個人差が大きいので職場の担当者に要確認。または市役所。)

産休の場合は5ヶ月くらいかも

今まで普通に毎月もらっていた給料がなくなることは本当に不安ないなるものです

ちゃんと制度を知っておかないと、

安易に「給料の2/3とか半分くらいしかもらえないんでしょ・・・それじゃあ、生活がきつくなるから俺は育休取るの止めるわ」となってしまいます

是非、育休をとった男の立場からは育休を取れる条件に当てはまる方にはみなさんにとってほしいと思っています!!!

ちゃんと制度を理解することで過度に恐れずに、その準備をしておけば、家族・子供のために育休を取ることはできると思っています!!!

不安なことなど共有していきながら解決策を検討していきましょう!

このブログがその一助になることを祈っています!

今回はこの辺で

では、また😁

コメント

タイトルとURLをコピーしました