【学資保険 ランキング】で検索しているあなたへ→本当に必要?

スポンサーリンク
お金・投資
スポンサーリンク

学資保険検討してるんだけど、どうかな?

返戻率を気にしてたらいいんだよね?

検索で【学資保険 ランキング】で検索している

読者の皆さんへ本当に必要なのかどうか

考えてほしくてこの記事を書いています

お子さんが産まれて

将来を考えてしっかりお金を準備していこう!

というのは本当に素晴らしいことですが

それが足かせにならないように注意も必要です!

今回はこのような悩みに対して

私なりの意見をお伝えしていきます

私、HamagurI(はまぐり)は子供2人の子育て中です

私自身も特に考えもなしに、

第一子が産まれてすぐに学資保険に加入しました

今まで付き合いのあった保険会社に

HamagurI
HamagurI

子供の将来のためにしっかり貯めよう!!!

とか思って、で18年積立で加入しました

そんな私ですが現状は

学資保険全般にあまりおすすめとは思っていません

私自身加入しているので、

説得力はないですが、

第一子の加入後に色々と勉強していく中で

今なら加入しないという結論に至りました

そのため、第二子は学資保険には加入しませんでした

その理由について

  • 学資保険の概要
  • 返戻率とは?
  • 学資保険のメリット
  • デメリット
  • なぜ私がおすすめしないのか?

といった流れでお伝えしていきます

時間のない方は下の目次からなぜ私がおすすめしないのか?だけでも読んでもらえると嬉しいです

スポンサーリンク

学資保険の概要

  • 子供の教育資金の準備を目的とする貯蓄型の保険で子供が入学のタイミングなど(一時金や複数回に分けて)で祝い金・満期保険金がもらえる
  • 保険会社や特約等によるが、契約者(親)が亡くなった場合など、その後の保険料の支払いは免除され、祝い金・満期保険金はもらえるようになる
  • 返戻率と呼ばれる支払った金額よりももらえる金額が多い場合もあるが、その他の条件により返戻率が低くなる場合もある(100%を下回ると貯蓄性が下がる

よくあるの学資保険の形として

お子さんが18歳で大学入学のタイミングや

18〜22歳にそれぞれ数十万ずつ毎年もらうタイプなどがあります

学資保険を調べようとすると

返戻率という言葉が出てきます

学資保険において重要な言葉なので解説していきます

返戻率とは?

簡単に言うと

支払った金額(総支払い保険料)を100%として、

貰える金額(祝い金・満期保険金)はどの程度多いか・少ないかを数値で表したもの

になります。

払った金額

以上を貰えば100%以上になるし、逆に少なければ100%未満になります

そのため、この数値が高いほうが学資保険としてメリットが大きいこと(貯蓄性が高い)になります

計算式としては

返戻率(%)=受取満期保険金総額÷払込保険料総額x100

学資保険のメリット

  • 強制的に子供の学費を貯蓄できる
  • 貯金しているよりは多くもらえる
  • 契約内容によっては契約者がなくなった場合、それ以降の保険料支払いが免除(保険会社や特約による)
  • 保険料の最大4万円が生命保険料控除で税金が戻ってくる(会社員なら年末調整で可・一般生命保険と合算)

一度契約してしまえば、

月払いにしろ、年払いにしろ(一般的には年払いのほうがお得です)、

保険料は払わなければ・・・

となり、ほぼ強制的に保険料を払います

一方、お子さんのために一定額を貯金していこうとしても

今月はお金余らなかったし、来月はちゃんと貯金しよう・・・

となってしまい、

学資保険を強制的に貯金をするものとして思うのは一つです(ただ、他の方法もありますが・・・)

普通口座での貯金はメガバンクやゆうちょでは年率0.001%(税引き後はさらに低下)になるので、ほぼ増えません

100万円預金しておけば、1年後に100万×0.001%10円の利子がもらえます・・・

貯金と比較すれば、

途中で引き出しは出来ません

増やすという意味ではメリットがあります

保険会社によりますが、契約者(親)が亡くなるなどした場合には

それ以降の保険料は免除されて払わなくても、

満額の金額でもらえることになります

ただし、私の学資保険もそうなのですが、

もし契約者が亡くなったら保険料免除の条件をつけると

返戻率が100%未満になってしまい、私はつけませんでした

最初から付いている保険もありますので、保険料免除があるのかないのか確認が必須ですよ

税金面で

一般の生命保険(死亡保険や入院時の保険)と合算になりますが、

会社員の方なら年末調整で所得税控除ができます

ただし、上限4万円になるので

すでに4万円以上生命保険をかけている方には

メリットにはなりません

介護医療保険料と個人年金保険料とは別になります

学資保険のデメリット

  • 途中で解約すると明らかに少なくなる(支払額より減少)
  • 保険料支払いで現在の生活が苦しい
  • インフレリスクに対応できない

途中で解約すると明らかに少なくなる(支払額より減少)

ここが一番のデメリットと思うのですが、

途中で解約すると支払った保険料よりも明らかに目減りしてしまいます

それは1%とかそういうレベルではなく、

払った金額や保険会社による一概には言えませんが、結構減りますよ・・・

貯蓄型の保険全般に言えますが、

貯蓄しながら保険も受けられるということは

その分の手数料は途中で辞めるとしっかりと取られるということなのです

特に学資保険においては

保険とはなっているものの、特に何かの保険を得られるわけではないので・・・死亡時の条件があれば違いますが・・・

保険料支払いで現在の生活が苦しい

保険料の支払いは支払期間中はずっと変わらずに払いますよね

学資保険は

出産直後や妊娠中などに加入することも多いと思うのですが、

子供が産まれて

この子のために頑張ってお金を準備しないと!

などとなります!というか、私はなりました!

今までは夫婦共働きである程度給料があった方でも

子育てをしていくことで

  • 出産を機に退職
  • 復帰するにしても短時間勤務になる
  • 残業ができなくなる
  • おむつやミルク代などが生活費全般が増える

など給料が減ったり、生活費が増えたりしますよね

特に今はコロナウイルスの影響で

十分に働きたくても働けない

といった状況になることだって考えられます

また、

  • 少し大きなアパートに引っ越す
  • マイホームを検討する
  • 自動車を買う

などと色々と大きなお金が動くこと

子供が大学になるまでの18年間の間に十分に考えられますよね

そのときに一時的に大きなお金が必要になったり、

思ったより生活費がかかって、

保険料の支払いが難しくなった際に

やっぱり保険料の支払いがきつい!となってしまった・・・

将来のために今がきつい・・・今が楽しくない・・・子供に我慢させている・・・

となっては本末転倒ですよね

でも途中で辞めれば、支払った金額よりも減ってしまう

そのリスクも背負っていることを十分に考えましょう

インフレリスクに対応できない

おそらく保険金をもらうのは

子供が大学入学のタイミングになることが多いと思います

私は子供が0歳で加入して18年払い続け、

18歳〜22歳の5回に分けてもらうような形です

今の100万円の価値

20年後の100万円の価値とは

違う可能性があるということです。

契約した時点で

もらう18年後とか22年後の金額が決まってしまうので、

もし物価が高くなっていれば

同じ金額でも実質的なお金の価値としては下がってしまう可能性があるということです

なぜ、私がおすすめしないか?

そんな20年近く一定額を積立していくような保険の割に

途中で引き出そうとすると支払った金額よりも明らかに減ってしまったり、

インフレリスクにも晒されている、

そのリスクをしっかりと取っているにも関わらず、リターンが少ない

ということです

だから、よし投資しましょう!と安易には言えませんが、

学資保険で積立投資しているようなもので

金額自体は変動しませんが(逆に上る可能性もゼロ)、

ちゃんとリスクは取っているのですよ

その点をちゃんと理解すれば、

返戻率が数%増えることが

どれほどのメリットがあるかちゃんと考えてほしいのです!!!

具体例として、

2021年1月1日時点で「学資保険 ランキング」で調べるとソニー損保が返戻率1位に上がってきました

これを参考にして本当にお得なのか計算してみましょう

検証の条件

ソニー損保:学資保険(無配当)Ⅲ型

受取金額200万保険料払込期間10年年払い188,036円返戻率106.3%

保険加入は子供が0才時点・保険金をもらうのは18歳〜22歳までに40万円ずつを5回

を条件にしてみます。

これが業界最高峰です

これを月払いなどに変更すればさらに返戻率は下がりますし、

私の契約した保険は返戻率103%台でした・・・

ここで上記の条件で年率(1年間を運用した場合の利益)として考えると

保険返戻金の年利計算ソフト】にて計算
区【保険返戻金の年利計算ソフト】にて計算

このような計算となり、12万円弱がお得になります

年率換算すると年率0.42%

もちろん、銀行預金(年率0.001%)よりはいいですが、

20年近くの長期間を運用というか積み立てるような感じでは

投資を少し知っている方ならめちゃめちゃ低い数値ですよ

上記に挙げたデメリットを考えると

割りに合わない』と思うのです

もちろん、投資では無いので辞めなければ減ることはありませんが・・・

もし、強制的に積立したいなら
  • 定期保険の積立設定を給料日の直後に設定しておく
  • 公務員の方なら財形貯蓄(1年以上の積立が必要)
  • 会社員の方なら会社の給料天引き制度を利用する(会社による)

などを利用すれば、貯金はできると思います

そして、もし急にお金が必要になったり、生活が苦しくなったときに

変更が可能ですし、

絶対に損したくない方にとっては『貯金』はしっかりできています

そう考えると

私としては

あえてそのリスクを取ってまで学資保険はおすすめしないという考えです

ただし、

投資は絶対にしたくないし、

途中で辞めるつもりもないし、

保険料支払いがここ10〜20年程度は負担にならないと予想されること、

そして、20年程度大きな金額を動かす予定が無い場合(そんなことがあるかは不明ですが・・・)であれば、

学資保険ももちろん資金運用の候補の1つにはなると思います

まとめ

今回お伝えしたかったのは、

子供が生まれたから学資保険!

と言う前に

しっかりと考えてほしいということです!

学資保険は駄目と言うつもりはありませんが、

学資保険の保険料が負担・・・

後悔・・・

と過去の私のようにならない為に

学資保険にもしっかりとリスクがあるということを理解しておくことです!

毎月1万5000円〜3万を10年間とか、

毎月1万5〜1万5千円を18年間払い続けて、

10万円くらい増やしますよ(保険会社によってはもっと低くなりますよ)

っていう感じです。

さらに途中でやっぱり辞めたら、少ない金額しか返さないからね!

ってことです

今回のソニー損保が業界最高峰になりますので、

もっと返戻率が低いことは十分にありえます

その点を考えて

お子さんの学費準備等を考えていただければと思います

今回はこのへんで

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました