KINTOは手厚い任意保険が含まれてお得!他社カーリースとの比較記事はこちらおすすめランキング

2023年|トヨタのKINTO(キント)でランクル プラドに乗れる?頭金0円で乗る3つの方法

※本ページはプロモーションが含まれています

ランクルに乗りたいけど、サブスクで乗れる?

ランクルに乗るなら、購入とカーリースどっちがお得?

現金一括はできないけど、ランクルに乗ってみたい。

ランドクルーザー プラドを乗ってみたいけど、高すぎて本当に大丈夫か不安になりますよね。

なぜなら、ランドクルーザー プラドの車両価格は367万6,000円~554万3,000円です…さらにオプションやら諸費用を入れれば、最低でも400万円以上はかかる可能性が高いです(トヨタ公式:ランドクルーザー プラド)。

本記事ではトヨタの車のサブスク『KINTO(キント)』でランクルに乗れるかどうかを解説していきます。

はまぐり

車のサブスクなら、頭金0円で毎月定額支払い、税金や保険、メンテナンス、車検費用の支払いの必要もありません(全て月額料金に含まれる)。

車のサブスクでランドクルーザー プラドに乗れる3つの方法をご紹介します。

お得にランドクルーザー プラドに乗りれる方法があると言ったら、知りたくありませんか?

目次

トヨタの車のサブスクKINTO(キント)でランドクルーザー プラドは乗れるのか?→現在は一時的に契約休止中

KINTO公式

結論から言うと、トヨタの車のサブスクKINTO(キント)でランドクルーザー プラドは現在一時的に契約受付休止中です。新型コロナウイルスの影響や半導体不足などにより、生産や納車が遅れているためです。

しかし、これはあくまでも一時的な措置であり、生産や納車が安定すれば再開されます。

ランドクルーザー プラドとは

ランドクルーザー プラドとはトヨタが販売するSUVで、ランドクルーザーよりもひとまわり小さく街乗りにも適した車です。。オンロード・オフロード問わず走破性能に優れた本格的な4WD車で、高級感あふれるデザインや質感も魅力的です。

プラドハリアーRAV4
室内長(mm)1,825~2,5201,8801,890
室内幅(mm)1,5651,5201,515
室内高(mm)1,2401,2151,230
引用:KINTO公式コラム

とランドクルーザーと言うとかなり大きなイメージがありますが、ハリアーやRAV4よりも少し大きい程度なため、街乗りでもOKです。

はまぐり

もちろん、コンパクトカーと比べれば大きいです。でも、私の子供の保育園の狭い駐車場でもランクルで送迎している方も見かけますよ。

KINTOで契約可能なグレードと価格

KINTOではランドクルーザー プラドTX GAS 2.7L 4WD(5人)で

  • KINTO7年契約の場合:全てコミコミ総額498万360円(月額59,290円
      ※7年間の税金・諸費用・メンテ・車検・任意保険全てコミコミ
  • ローン購入(60回払い(5年)):車両代+購入時諸費用の総額423万9,727円(月額59,300円)
      ※上記金額に任意保険(自動車保険)+メンテナンス費用+車検費用+2年目以降の税金・諸費用など

月々の支払いについては、KINTO7年契約とローン5年契約で月々6万弱。
KINTOならガソリン代以外は全てコミコミの料金となります。

ローン購入に含まれるのは購入時の税金・諸費用のみです。ただし、購入していれば数年後に売却できるので、将来の下取り金額がどうなるのかによって、どちらがお得になるのかを判断します。

新車購入となると頭金が必要だったり、ランニングコストとしてメンテナンス費用や任意保険代がかかったりと車両代金以外にも必要なお金が結構かかります。KINTOなら毎月定額支払いだけで、ガソリン代と必要な方は駐車場代さえ考えておけば、急な出費はないので安心です。もちろん、任意保険も自動付帯なので事故があっても安心です。

《関連記事》
【衝撃的】KINTO(キント)で事故を起こしたら?全損・自損、傷もしっかり補償対象になる理由

購入はやっぱり見えない金額も多いし、もし事故を起こしたら、任意保険の保険料も一気に上がるし、下取り金額は一気に下がるし、サブスクの方が楽だし、安心と思った方は次の章で車のサブスクでプラドに乗る方法を解説していきます。

【2023年最新】サブスクでトヨタのランドクルーザー プラドに乗る方法

KINTOでランドクルーザー プラドが契約休止中でも、サブスクでトヨタのランドクルーザー プラドに乗る現実的な方法があります。ここでは、2023年6月17日時点で可能な3つの方法をご紹介します。

  1. KINTOの受付再開を待つ
  2. KINTO公式LINEやMy KINTOに登録する
  3. 他社カーリースで契約する

方法①:KINTOの契約受付再開を待つ

KINTOでランドクルーザー プラドに乗りたいということであれば、契約受付が再開されるまで待ちます。KINTOでは車種によって受付再開される時期は異なりますが、あくまで『一時的に受付停止』しているので、生産や納車が安定すれば再開される可能性があります。

ただし、今すぐに乗りたい場合には向いていません。受付再開の目処は発表されていないので、全くわかりません。少しでも早くKINTOでプラドに乗りたいなら方法②がおすすめです。

方法②:KINTO公式LINEやMy KINTOに登録する

KINTO公式LINEやMy KINTOに登録するという方法は、方法①よりも情報を得やすく、早く契約できる可能性があります。

LINEなどで直接問い合わせることができることが大きなメリットであり、タイミングによっては優先的に契約できる可能性があります。

KINTOでプラドを考えているなら、公式ライン・My KINTO登録は必須です。

登録をおすすめする理由はKINTOの

  • 取り扱い状況を確認できる
  • 契約受付再開のお知らせを受け取れる
  • お得なキャンペーン情報を受け取れる
  • サービス内容やよくある質問を見ることができる

からです。

それでも、受付を確約するものではないので、KINTO以外で良いからすぐに乗りたい方は方法③が最も現実的な方法です。

方法③:他社カーリースで契約する

KINTO以外にも、他社のカーリースサービスでランドクルーザー プラドに乗ることができます。KINTOは「車のサブスク」と謳っていますが、「カーリース」と同じ契約になります。KINTOもカーリースお車を購入するのではなく、一定期間借りるというサービスです。

ただし、KINTOでは任意保険など標準付帯していますが、他社では自分で別途契約する必要があります。
月額料金に含まれている内容がリース会社によって違うため、十分に比較・検討が必要です。

《関連記事》
【2023年保存版】トヨタ・ホンダユーザーが徹底比較|おすすめ車のサブスク(カーリース)ランキング5選

ここでは、2023年6月17日時点でランドクルーザー プラド(TX 5人乗り)のカーリースを提供している代表的な3社をご紹介します 。

スクロールできます
KINTOSOMPOで乗〜るニコノリ リースナブルMOTAカーリース
3年契約
月額料金
受付休止中受付休止中取扱なし49,500円取扱なし
5年契約
月額料金
受付休止中受付休止中49,054円43,780円受付休止中
7年契約
月額料金
受付休止中
(59,290円)
受付休止中取扱なし取扱なし受付休止中
9年契約
月額料金
取扱なし受付休止中53,284円受付休止中取扱なし
公式サイトKINTO
SOMPOで乗ーる
ニコノリ リースナブル
MOTA
ランドクルーザー プラド(TX 5人乗り)月額料金見積もり
※筆者独自調査:2023年6月17日時点

総額としてはメンテナンス費用、車検費用、任意保険料など合わせるとKINTOよりも高くなる可能性があるので、どのリース会社を選ぶのか慎重に選んでください。

スクロールできます

KINTO

SOMPOで乗〜る

ニコノリ

リースナブル

MOTAカーリース
おすすめトヨタのサブスク。
任意保険まで含まれる本当のコミコミ!
とにかく安く乗りたいならココ!
契約期間の自由度高い。
契約プランが2択で分かり易い。いつでも解約可能走行距離制限なし!
最後に車がもらえる。
月額料金(ヤリス)
①3年
②5年
①37,950円
②35,310円
①27,600円
②23,740円
①  ✖︎  
②28,414円
①31,900円
②26,500円
①  ✖︎  
②34,870円
任意保険基本料金に
含まれる
自費自費自費自費
基本プラン内容車両本体価格/登録諸費用/自動車税/重量税/自賠責保険/自動車保険(対人・対物/車両保険)/車検/メンテナンス/消耗品/故障修理・代車車両本体価格/登録諸費用/自動車税/重量税/自賠責保険/車検/メンテナンス/消耗品/故障修理・代車車両本体価格/登録諸費用/自動車税/重量税/自賠責保険/車検/メンテナンス/消耗品/故障修理・代車車両本体価格/登録諸費用/自動車税/重量税/自賠責保険/車検/メンテナンス/消耗品/故障修理・代車車両本体価格/登録諸費用/自動車税/重量税/自賠責保険/車検/メンテナンス/消耗品/故障修理・代車
リース期間3年・5年・7年3年・5年・7年・9年5年・9年3年・5年・9年5年・7年・11年
車種トヨタ(14車種)約300車種
(輸入車あり)
国産8社国産51車種国産全車種・輸入車あり
標準距離制限(月平均)1,500km/月1,000km/月500km/月750km/月制限なし
契約満了時返却/乗換返却/乗換/再契約/もらえる(※9年)返却/買取/再契約/もらえる(※9年)返却/乗換/再契約乗換/もらえる
特典解約金なしプランありリース中に貸してもOK9年プランなら追加料金なしで車がもらえるいつでも解約可能毎月宿泊券プレゼント(契約しなくてもOK)
車のサブスク(カーリース)比較表 ※2023年1月時点

《関連記事》
【2023年保存版】トヨタ・ホンダユーザーが徹底比較|おすすめ車のサブスク(カーリース)ランキング5選

ランクル プラドに乗るなら、『KINTO』と『購入』どっちがお得?→お得になのはKINTO

ランクル プラドに乗る方法としては購入という選択肢もあります。しかし、ランクルに乗るならどちらがお得なのでしょうか?ここでは、

  • KINTOと購入費用の比較
  • KINTOと購入のメリットとデメリットを比較

を解説していきます。

ランドクルーザー プラドのKINTOと購入費用比較

ランドクルーザー プラド(TX 5人乗り)で試算してみました。

スクロールできます
KINTO現金一括購入ローン購入
車両価格3,676,000円3,676,000円
税金・諸費用572,980円572,980円
任意保険983,882円983,882円
メンテナンス
・車検2回
580,000円580,000円
分割払い手数料等530,727円
※60回払い
7年後の
下取り参考価格
1,206,390-1,206,390円
総額498万360円460万6,472円513万7,199円
月々のお支払い額
(総額÷84か月)
59,290円54,839円61,157円
KINTOトヨタ公式シミュレーション東京海上日動自動車保険などを基に筆者独自に作成
ランドクルーザー プラドの税金・諸費用・任意保険等の詳細
  • 購入時税金・諸費用:266,980円
  • 自動車税:51,000円×6年=306,000円
  • 自動車保険:11,713円×12か月×7年=983,882円
  • メンテナンス:20,000円×2回×7年=280,000円
  • 車検費用:15万円×2回(3年目・5年目)=300,000円

ランクルに乗るならお得になのはKINTOと言えます。KINTOなら、頭金0円で新車に乗れるだけでなく、月額定額で税金や保険、メンテナンスなどが含まれているので、急な出費がなく総額として安くなる可能性が高いです。また、契約期間が終了すれば好きな車種に乗り換えられるので、常に新しいモデルやグレードに乗りたい方にもおすすめです。

一方、購入は車を自分の所有物として扱えるというメリットがあります。改造やカスタマイズをするなど自由に使いたかったり、10年以上車に乗るつもりだったりする場合にはおすすめです。

しかし、事故を起こすとその後の保険料が高くなったり、車両価値が大きく下がったりするなどリスクが高いです。任意保険料は年齢や保険等級により料金が大きく異なるため、特に保険等級が20等級でない方は割高になる可能性があります。

KINTOであれば、事故後を起こしても追加請求はほぼなく(最大5万円)、月額料金変わらずに利用できます。
購入であれば、事故後は保険料が値上がりし、下取り価格も予想を下廻ります。しかし、自分の思うように改造やカスタマイズをしたり、10年以上乗り続けるつもりであれば、購入がおすすめです。

《関連記事》
【KINTO(キント)と購入で徹底比較】コスパ良くトヨタ車に乗るならどっち?|35歳・18等級

KINTOでランドクルーザー プラドを選ぶべき人とそうでない人

はまぐり

ランドクルーザー プラドは、SUVの中でも高級感があり人気の高い車です。しかし、その分、購入するには高額な費用がかかります。KINTOなら頭金なし・毎月定額支払いで乗りやすい契約です。

しかし、KINTOにもメリットとデメリットがあります。KINTOでランドクルーザー プラドに乗るべき人とそうでない人を見てみましょう。

KINTO(キント)を選ぶべき人

  • 乗りたいけど、費用が気になる人
    • 頭金が必要ない(初期費用フリープラン)
    • ボーナス払いも選択でき、毎月の支払額を下がることも可能。
    • 税金や保険、メンテナンスなどが含まれているので、急な出費がない。
    • 車両価値の低下や売却時の手間も気にしなくていい。
  • 任意保険(自動車保険)が充実|事故にあっても安心
    • 充実した補償あり(詳細はこちら)
    • 自己負担最大5万円(全損時は自己負担なし)
    • 事故後も月額料金は変わらない
    • 事故を起こしても、契約満了時の追加請求増額されない。
  • 車の手続きや管理が面倒だと感じる人
    • KINTOならWEBで申し込み・契約まで完結できるので、手続きが簡単。スマホでも可能。
    • 納車や車検、メンテナンスなどもKINTOが段取りしてくれる。
    • 保険や税金などの支払い不要(全て月額料金に含まれる)。
  • 数年後にまた新しい車で乗り換えたい人
    • KINTOなら契約期間が3年・5年・7年から選べる。
    • 契約満了後は好きな車種に乗り換えられる。
    • 新しいモデルやグレードに乗りたい場合も対応可能。

KINTO(キント)を選ぶべきではない人

  • 契約申し込み休止中(2023/06/17時点)
    • 再開されるまで待つ必要あり
  • 契約期間途中の解約で解約金がかかる(初期費用フリープランの場合)
    • KINTOでは、初期費用フリープランを選んだ場合、契約期間途中の解約で解約金がかかります。
    • 3年契約の場合、月額1か月分〜最大10か月分の解約金が発生。
    • 契約期間を途中で変更したい人にとっては不利。
  • 10年以上同じ車に乗り続けたい人
    • KINTOでは契約期間は最長でも7年までしか選べません
    • ランドクルーザー プラドは耐久性や信頼性が高い車種なので長く乗りたくなるかもしれない。
    • 所有感や愛着を重視する場合は不向き。
  • 自分好みに改造やカスタマイズしたい人
  • 利用制限がある(走行距離制限/利用制限)
    • 走行距離制限は月平均1,500kmとなり、3年契約なら5万4,000km/5年契約なら9万km/7年契約なら12万6,000km。距離超過した場合は契約終了時に追加請求があります。
    • 喫煙・ペットの同乗は原則禁止されています。

まとめ|トヨタのランドクルーザー プラドをKINTO(キント)がおすすめ|10年以上乗りたいなら購入すべし

トヨタのランドクルーザー プラドを車のサブスク『KINTO(キント)』で契約する方法をお伝えしていきました。

KINTOは

  • 頭金0円
  • 月額料金に税金/諸費用/任意保険/メンテナンス/車検費用など全部コミコミ
  • 事故にあっても保証が充実(事故後の追加請求は修理費用最大5万のみ)

とメリットが大きく、購入よりもKINTOがおすすめです。しかし、どうしても改造したい、10年以上乗り続けたい(KINTOは最長7年契約)のため、そう言った方には購入をおすすめします。

しかし、残念ながらKINTOではランドクルーザー プラドの新規申し込み受付を休止しています。そのため、KINTOで契約したいなら、現状は3つの方法があります。

  1. KINTOの受付再開を待つ
  2. KINTO公式LINEやMy KINTOに登録する
  3. 他社カーリースで契約する

少しでもランクルをお得に乗りたい方は購入にするのか、カーリースにするのか、KINTOにするのか、色々と検討していく必要があります。ランクル プラドは高級車になるので、ちょっとした間違いで大きな金額が変わります。

憧れの車を手に入れるために少しでも調べるとお得に手に入れられます。一緒に勉強していきましょう。

\その他車種は無料で見積もり可能!/

最短1.5か月〜納車可能

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次